千代姫6周年を振り返る

私のオリジナルキャラクター、千代の誕生日は10/4です。去年あたりに聞かれて決めました。(千代→ちよ→千四→1004→10/4)

語呂合わせの誕生日ですが、考えてみれば6年前(2017年現在)の処女作「千代姫(2011年版)」もちょうどそれくらいに完成したのでした。その6年前の原稿をどうぞ(ページは飛び飛びです)▼
旧8
↑旧千代姫8ページ目。千代の登場シーンですね。ホラーですね。

旧12
▲12ページ目。ホラーからの可愛い女の子 千代の登場シーンですね。可愛くないけど。昭和だけど。

旧16
▲16ページ目。そうです、この青年の名前は木下大智です。この頃はただのモブ大智くんだったんですね~画力が足りなかったのもありますが、私がモブ顔フェチだったんですね~。

旧17
▲17ページ目。デフォルメ千代は今とあまり変わってない感じがしますね。というか、千代のキャラはほとんど変わってないですね。小さくてワガママな女の子。この頃の作画や台詞回しは高橋留美子の影響をかなり受けてますね。「~じゃ!」とか今は絶対に使わない。

いや~懐かしいな~不慣れな中33ページの原稿を完成させたんだっけ~?あはは、ちょっと編集が大変なので今回はここまでで…というか、
これ私にとっては破壊力がかなり大きいです。なんだこれ(笑)

で、設定もろもろ全部リメイクして描き直した「千代姫(2015年版)」がこちらです↓
15

うわ~~全然ちがう~~~^^

自分でも驚くのですが何もかもが全然違う(笑)
コマ割り、話の構成、キャラデザ、一ページごとのデザイン性…人って4年でここまで変わるんですねえ。

新旧

ねえ~人って4年で変わるんだね~~笑

でも昔の原稿も見返してみると面白いです。自分で一番偉いなと思うところは「拙いながらもちゃんと漫画を描いて完成させ、賞に応募している」ところですね。

2011年に処女作を完成させて受賞して、なんやかんやあって、それから3年くらいは30~150ページの読み切りを7本くらい?(もっとかな?)描いて、色んな賞に出して落ちまくりました。
そして2015年にデビューした後なんやかんやあって、現在に至ります。

まだまだ「千代姫」完結までは先が長そうだし、これからもよろしくね、千代。今日は誕生日おめでとう。

以下にコピー本「千代と大智」描き下ろし漫画「相席」を掲載しておきます。
最新の千代と大智(2017年9月制作)をどうぞご覧ください。今後の「千代姫」の続編もご期待ください。
新相席1
新相席2
新相席3
新相席4

・千代姫(2015年制作)本編:千代姫
・コピー本「千代と大智」:「千代と大智」のコピー本制作裏話
・漫画通販:通販/ Online Shopping

・キャラクター表:千代のキャラクター表(千代姫/ Princess Chiyo)

・漫画メイキング:漫画道具紹介
ダルマ式絵描きのイロハ①(プロローグ編)
ダルマ式絵描きのイロハ②(体の描き方編)
ダルマ式絵描きのイロハ③(背景の描き方編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です