千代姫続編について

千代姫 第0話「出会いの桜」の続編を現在執筆しております。

続編は64ページほどの全3話構成です。
千代姫第2話1
千代姫第2話タイトル
第2話「花の祝宴」は春の頃のお話。

Papermoon
第3話「雨音序曲」は梅雨の頃のお話。

家
▲そして第4話「家(仮題)」は夏の頃のお話です。

「第0話の続きなのに第1話はないのか?」という疑問もあるかと思いますが、実は元々は
ツイッター
ツイッター2
ツイッター3
ツイッター4
という千代の過去編(全60ページ)を第1話にして、江戸編→幕末編→明治編…と来て第0話に繋がり、そこから現代編の続きを描いていく…という構成予定だったのです。

そう、完全な時系列順に千代の過去を追っていく構成にしようと考えていました。しかし…

img424

▲なんか大智というキャラが人気っぽいので(笑)、現代編と過去編を同時進行で執筆することにしました。(※彼はバイオリンなど弾けません。ただのファッションです)

まあいずれにせよ、千代の過去も、第0話の続きも、どちらも描くつもりではいたので話の内容に違いはないです。

原稿が完成したら、「千代姫 第0話」のように同人誌として販売する予定です。

現代編(64ページ)は3月25日の名古屋コミティア、過去編(江戸の桜編・60ページ)は5月20日の関西コミティアで頒布予定です。
(出展予定について詳しく:出展のお知らせ / information

しかし現代編と過去編合わせて126ページの原稿がまだ30ページしか進んでいないので、頑張ります。

まずは目前の現代編から仕上げて参ります。
というか、江戸編が関西コミティアまでに間に合うのかすでにちょっと怪しい…。2017年秋頃完成予定とか書いてあるのにね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です